ノーカロリー ノンカフェイン

古来飲まれていたびわ茶といえばねじめびわ茶

 

農家の庭先に植えられていることが多いびわですが、たわわに実った実が食用に供されるだけでなくお茶にもなることをご存知ですか。

 

 

古来健康茶として引用されてきたびわ茶には、さまざまな健康成分が含まれていることが知られています。

 

 

お肌のあれや足のむくみなどが気になっていることを友だちに相談したところ、これが良いとすすめられたのがねじめびわ茶です。

 

 

ここ数年、健康診断の数値も思わしくなく、生活習慣を変えなければならないと思っていたところなのですすめられるままに飲み始めることにしました。

 

 

届いたねじめびわ茶の茶色の袋は派手なところはまったくありませんが、どこか実直な雰囲気があり好感が持てます。

 

 

この茶色袋に31包も梱包されているというのですからなかなかお買い得です。

 

 

ねじめびわ茶は十津川農場だけの独自製法で作られていて、そのおかげでびわの葉の健康成分を存分に楽しめるのです。

 

 

特許製法取得のこの独自製法は、十津川農場の長年の苦心の末に生み出された製法だといいます。

 

 

ねじめびわ茶に使われている鹿児島県産のびわの葉は、農薬などを一切使わずに太陽と愛情をいっぱい浴びて育てられたものばかりです。

 

 

農薬を使わないと虫や雑草対策が大変ですが、十津川農場で1年中草払い追われるなか、1枚1枚のびわの葉に太陽を当てるように大切に育てているそうです。

 

 

鹿児島県産のびわの葉100%のびわ茶はとても珍しいのではないでしょうか。

 

 

鹿児島大学と鹿児島純心女子大の合同チームが、ねじめびわ茶を研究対象として研究を行ったことからも製品の良さがうかがえます。

 

 

味もスッキリとして飲みやすく、お茶代わりに飲めるので苦も無く続けることができそうです。

 

 

すぐに効果を求めるより、じっくりと体質を改善できればいいと考えています。

 

家族で飲んで元気な毎日が送れるねじめびわ茶

 

ねじめびわ茶は完全無添加でノンカフェイン、カロリーもゼロのびわの葉を使った安心のお茶で、お子様から高齢の方まで家族みんなで飲むことができます。

 

 

1包みで1Lサイズの量が作れ、温めて飲んでも、冷たくして飲んでも美味しく、暑い日の水分補給や冬の乾燥のカラカラした季節の飲みものとして活躍してくれます。

 

 

肝心のお味はほんのりと甘みのあるマイルドなテイストなので、小さなお子様や初めての方も美味しく飲むことができます。

 

 

一番のこだわりはその製法にあります。

 

 

原材料となるビワの葉は国産であるのはもちろん、自然豊かな鹿児島県の大隅半島にある農場で、無農薬で丁寧に栽培されています。

 

 

地元の方の手で丁寧に摘まれた後は、丁寧に洗浄されて雨風でついた汚れやホコリなどが取り除かれます。

 

 

その際の洗浄の仕方にも独自の方法によるこだわりがあります。

 

 

鉱石を通すことで粒子が細かくなった波動水で洗浄することで、汚れなどの余計なものがしっかりと落ち、ビワの葉に含まれる栄養素や有効成分が抽出されやすくなるのです。

 

 

旨みや甘みなども引き出される状態へと導いてくれます。

 

 

洗ったあとは鹿児島の豊かな太陽の光を浴びながら、丁寧に天日乾燥されます。

 

 

天日乾燥したものを今度はトルマリン石を使って焙煎していきます。

 

 

天然石であるトルマリン石には天然由来のマイナスイオンや遠赤外線効果があり、ビワの葉をじっくりと内部まで温めて有効成分や旨み成分の抽出に役立てられます。

 

 

トルマリン由来のミネラルなども配合されるので、より体によいお茶に仕上がります。

 

 

体のイキイキをサポートしてくれる成分がたっぷり含まれながらも、ノーカロリーでノンカフェインの安心の美味しいお茶の出来上がりです。

 



>>ねじめびわ茶 公式サイトはこちら<<

 


 

▲上へ戻る